チーズなのに低カロリー&高タンパク!カッテージチーズ

チーズなのに低カロリー&高タンパク!カッテージチーズ

淡泊でくせのない味わいから、サラダやサンドイッチ、お菓子作りまで幅広く利用されるカッテージチーズ。チーズというと脂質やカロリーが高いイメージがありますが、カッテージチーズは乳脂肪分を取り除いて作られるため、低カロリー&高たんぱくです。そのうえ、カルシウムやカリウム、ビタミンなども含んでいます。今回はカッテージチーズに含まれる栄養素や、おいしく楽しめるおすすめレシピをご紹介します。

カッテージチーズとは?リコッタチーズとの違いは?

カッテージチーズまたはコッテージチーズは、オランダ生まれと考えられている非熟成チーズ。80%は水分でできており、スプーンですくえるほど柔らかいチーズです。生乳から乳脂肪分やホエイ(乳清)を取り除いて作られますが、かつてこうしたチーズの多くが家庭で作られていたことから、「田舎の家、小さな家屋」を意味する「カッテージ(cottage)」という名前が付けられたようです。
カッテージチーズを脱水し、サイコロ型に形成したものを、インドやパキスタン、アフガニスタンなどではパニールと呼び、カレーや煮込み、揚げ物などに利用しています。淡泊なため、スパイスや油を使った料理にも合いやすいチーズです。

リコッタチーズとは作り方から異なる!

同様のチーズとしてリコッタチーズというものがありますが、こちらはイタリア生まれ。生乳から作るのではなく、ホエイの水分を飛ばし、残った成分から作られます。ほのかな甘みとなめらかな食感が特徴で、カッテージチーズと比べると脂質やカロリーは多くなっています。

カッテージチーズの栄養価

カッテージチーズは、100gあたり105カロリー。身近なカマンベールチーズの310カロリーや、モッツァレラチーズの276カロリーと比べると明らかに低カロリーなのが魅力です。

たんぱく質

カッテージチーズには、100gあたり13.3gのたんぱく質が含まれています。他のチーズと比べると特別に多いわけではありませんが、糖質や脂質の少なさから、スポーツをした後に食べることで筋肉の疲労を回復しつつ、ダイエットにも効果的であると考えられます。

カリウム

ミネラルの一種であるカリウムは、ナトリウムを排出して細胞内の状態を一定に保つはたらきがあり、心臓や筋肉の正常なはたらきを維持します。そのほかに血圧を下げる作用もあり、高血圧予防などにも役立ちます。

カルシウム

カルシウムは、牛乳などに含まれるミネラルの一種。人間の体の中で最も多いミネラルで、骨や歯を作る材料となっています。そのほか、筋肉や血液などのはたらきを正常に保つために、さまざまな役割を果たしています。

ビタミンB2・12

ビタミンB群は、人間の体を動かすためのエネルギーを体内で生み出す際に活躍するビタミンです。ビタミンB2は脂質・糖質・たんぱく質の代謝をサポートし、皮膚や粘膜、髪の健康を維持します。ビタミンB12は赤血球の正常な生成を助ける役割があり、不足すると貧血などを引き起こします。

ビタミンA

ビタミンAは脂溶性ビタミンの一種。皮膚や粘膜、目、肝臓などの健康を保つのに役立ちます。不足すると暗闇で目が順応せず、見えなくなってしまう夜盲症を引き起こしたり、目や肌、粘膜が乾燥することで風邪をひきやすくなったり、しわが目立つようになったりします。

ご家庭でも簡単!カッテージチーズの作り方

カッテージチーズの作り方

古くは家庭で作られていただけあって、カッテージチーズはとても簡単に作ることができます。材料は牛乳500ml、レモン汁または酢大さじ2だけなので、気軽に試してみてくださいね。
作り方は、まず鍋に牛乳を入れ、混ぜながら温めていきます。60°くらいになったら火から下ろし、レモン汁または酢を投入して、全体を手早く混ぜ合わせます。するとだんだんと分離し、粒状になってくるので、布やペーパーキッチンを敷いたボウルに入れ、カッテージチーズを濾します。水分(ホエー)を絞ったら完成です。

カッテージチーズのおすすめレシピ【カッテージチーズとアボカドのクリーミーサラダ】

少し味付けするだけでもおいしく食べられるカッテージチーズ。よくサラダにも使われますが、今回ご紹介するレシピは、ボリューミーで満足感のある「カッテージチーズとアボカドのクリーミーサラダ」です。使う野菜や味付けは、お好みで自由に選んでみてくださいね。

【材料】
・カッテージチーズ 100g
・アボカド 1個
・ミニトマト 2~3個
・きゅうり 1/2個
・マヨネーズ 大さじ2
・マスタード 大さじ1
・塩コショウ お好みで
・オリーブオイル ひとまわし
・バジルなどのハーブ 少々

1. アボカド、トマト、きゅうりは食べやすい大きさに切っておきます。

作り方1

2. ボウルに材料をすべて入れ、味を見ながらよく混ぜます。

作り方2

3.器に盛り付け、彩りにバジルを乗せて完成です。

作り方3

まとめ

今回ご紹介した以外にも、カッテージチーズは和食の和え物などにもよく合い、幅広い料理に使うことができます。低カロリー・高たんぱくのため、普通のチーズや油の多いお肉、おやつの代わりとして食べれば、ダイエットにも効果的ですよ。スーパーなどでも気軽に入手できるので、まずは市販のものから気軽に試してみてくださいね。

記事一覧へ戻る