食物繊維でお腹スッキリ!エリンギレシピ

食物繊維でお腹スッキリ!エリンギレシピ

優しい風味としっかりした食感が魅力のきのこ、エリンギ。スーパーなどで手軽に手に入れることができ、幅広い料理と相性が良いため、洋食はもちろん中華や和食にも使われています。食物繊維が豊富に含まれるほか、さまざまな栄養素が含まれており、健康を維持するのにも効果的。今回はエリンギの栄養素と、おすすめレシピをご紹介します。

エリンギとは?

エリンギは、ヒラタケ科ヒラタケ属のきのこ。中央アジアから地中海沿岸のヨーロッパが原産地とされ、イタリア料理やフランス料理では古くから利用されてきました。
エリンギが自生していない日本では、初めて人工栽培がおこなわれたのが1993年、本格的に栽培・生産が進んだのが1996年ころのこと。日本に普及してまだ20年余りと歴史が浅いため和名もなく、エリンギという名前は学名「プレロータス・エリンギ」の一部からとられました。現在までにエリンギの生産量は増加し、長野県や新潟県を中心に安定して栽培されています。
エリンギがここまで短い期間で私たちの生活に深く浸透したのは、ジャンルを問わず馴染みやすい味わいと、繊維を感じるしっかりとした食感が好まれたからでしょう。この食感は貝柱やアワビに例えられることもあり、輪切りにしても縦に割いても楽しめます。ぜひいろいろな切り方を試してみてくださいね。

冷凍もOK!エリンギの選び方と保存方法

エリンギは、できるだけ軸が太く硬さのあるもの、変色していないものを選びましょう。カサの部分が開きすぎているものや、軸にハリや弾力がないものは、新鮮でない可能性があります。
保存する際には、洗わずにキッチンペーパーなどにくるみ、ラップで巻いて冷蔵庫に入れてください。一週間以内に食べきるようにしましょう。水分があると痛む原因になりますし、風味が落ちてしまうので、洗う必要はありません。どうしても汚れが気になる際は、濡らしたキッチンペーパーなどでふき取るのがおすすめです。
食べきれない時は冷凍保存をしてみましょう。食べやすい大きさに切っておき、重ならないように保存袋に入れて冷凍庫へ。食感もほとんどそのままに、1か月ほどはおいしく召し上がっていただけます。

エリンギの栄養価

食物繊維

エリンギには、食物繊維が100gあたり3.4g含まれています。特に多いのが不溶性の食物繊維。保水性に優れ、水分を含んで膨らむことで胃や腸を刺激し、大腸のぜん動運動を起こして排便を促してくれます。また分解されないので便の量を増やし、排便しやすくするはたらきもあるほか、腸内の善玉菌の餌となって腸内環境を改善するのにも役立ちます。

ナイアシン

ナイアシンは、水溶性ビタミンB群の一種。細胞内でエネルギーを生み出すのに欠かせない、エネルギー代謝に関わる酵素をサポートするはたらきがあります。粘膜や皮膚の健康を保つのに役立ち、不足すると消化不良や皮膚の問題を引き起こします。

ビタミンB2

ビタミンB2は水溶性ビタミンの一種。ナイアシンと同様、細胞内でエネルギー代謝に関わる酵素をサポートするはたらきがありますが、特に脂肪の代謝を促してくれます。不足すると粘膜や皮膚に炎症などを引き起こす可能性があり、肌荒れや口内炎に悩んでいる方にも積極的に摂ってほしい栄養素の1つです。

ビタミンD

ビタミンDは脂溶性のビタミンの一種です。小腸や腎臓において、カルシウムやリンが吸収されるのをサポートするはたらきがあり、これにより血中カルシウム濃度を維持し、骨を丈夫にしてくれます。また免疫のはたらきを調整する作用もあり、感染症の予防にも役立ちます。

エリンギのおすすめレシピ【エリンギとキャベツのガーリックスープ】

「エリンギとキャベツのガーリックスープ」は、便秘が続くなどおなかの調子が悪い方や、普段からお腹が弱いなという方におすすめのレシピ。エリンギにキャベツを加えており、食物繊維をたっぷり食べることができます。ガーリックには血行促進作用があるため、体の芯から温まりたい時にもぴったりです。

【材料】
・にんにく 2~3片
・オリーブオイル 大さじ2
・輪切り唐辛子 ひとつまみ
・水 600ml
・コンソメキューブ 2個
・エリンギ 1パック
・キャベツ 1/8~1/4
・たまねぎ 1個
・ローリエ 1枚
・塩コショウ お好みで
・パセリまたはオレガノ お好みで

1. ニンニクはできるだけ細かく刻み、鍋にオリーブオイル、輪切り唐辛子とともに入れ、じっくり香りを出します。

作り方1

2. ニンニクが色づいて香りが立ってきたら、薄切りにしたたまねぎを入れ、弱火であめ色になるまで炒めます。

作り方2

3.次に刻んだキャベツとエリンギ、水、コンソメ、ローリエを入れ、火が通るまで煮たてます。

作り方3

4.ローリエを取り出し、塩コショウで味を調えたら器に盛り付け、パセリやオレガノを振って完成です。

作り方4

まとめ

日本人は、1日の食物繊維の摂取量が目標摂取量に届いていないか、不足気味とされる人が多いという調査結果が出ています(国民栄養健康調査による)。食物繊維が不足すると生活習慣病や大腸がんなどのリスクが高まるとされているので、和洋中さまざまな料理で活躍してくれるエリンギを活かして、積極的に摂ってみてくださいね。

記事一覧へ戻る