「まごころケア食」冷凍宅配弁当の味は?前編

「まごころケア食」冷凍宅配弁当の味は?前編

「冷凍の宅配弁当を常備しておけば便利だな」と気になっていても、実際に注文するには味や価格など、気になることもあります。今回は、シルバーライフまごころケア食の「カロリー調整食7食セット」を食べてみたのでご紹介します。

「カロリー調整食」とはどんなお弁当?

まごころケア食のカロリー調整食7食セットは、株式会社シルバーライフの冷凍宅配弁当です。管理栄養士が考案・監修しているので、栄養バランスの良い食事を手軽に摂ることができます。商品ごとに栄養成分表示があり、1食あたり約240Kcal、塩分2.5g以下に調整されているので、カロリーや塩分の調整にも役立ちます。

  ヤマト運輸のクール便で届きます

ヤマト運輸のクール便で届きます①

ヤマト運輸のクール便で届きました。配達の日時が指定できるので一人暮らしでも安心です。届いた段ボールの大きさは縦が約16.5㎝、横が約21㎝、高さが約27㎝で、思っていたよりもコンパクトでした。

ヤマト運輸のクール便で届きます②

開けてみると、お弁当が積み重なった状態で入っていました。お弁当以外には、温め方のポイントが書かれた説明書が入っていました。

ヤマト運輸のクール便で届きます③

 

  温めてみます

お弁当容器の上面に原材料名や栄養成分表示、その他の記載があります。どのお弁当も「温め目安時間 電子レンジ 600W 4分程度 500W 5分程度」と一律で、わかりやすく簡単で良いと思いました。

温めてみます①

賞味期限はお弁当によって異なりますが、どれも半年以上の十分な期間があります。どれから食べようか迷ったので、賞味期限の近いものから食べていくことにしました。
自宅の電子レンジは600Wの指定ができないので、500Wで5分温めました。

温めてみます②

 

電子レンジを開けると、結構熱そうです。鍋つかみを使おうかと思いましたが、お弁当容器の右上と左下の角に持ち手になる部分があるのに気づき、そこに指をかけてレンジから取り出すことができました。小さなことですが、誰でも安全に利用するために大切なことだと思います。

いよいよお弁当を食べてみます

前編では3種類のお弁当を食べて感想をご紹介します。私は特別嫌いなものはないので、どのお弁当も楽しみです。左下の大きいスペースから、時計回りに食べていきます。

 【海老としめじの玉子とじ弁当】

海老としめじの玉子とじ弁当

ふたを開けると、湯気とともにバジルの香りを感じました。色どりが鮮やかなのも印象的です。

・海老としめじの玉子とじ

海老としめじの玉子とじ

小エビがたくさん入っていて、グリーンピースの緑色も目立ちます。エビがプリプリとした食感でした。初めのひと口は、塩味よりも甘みを感じました。ごはんが進む味付けではありませんが味のバランスは良く、子どもも好きな味付けだと思います。

・野菜のバジル炒め

野菜のバジル炒め

1㎝幅くらいに切ったキャベツとコーン、玉ねぎと豚肉が炒めてあります。塩気は薄めですが、バジルの香りと油のコクがあります。

・ごぼうサラダ

ごぼうサラダ

3㎝くらいの長さのごぼうです。見た目では煮物やきんぴらにも見えますが、食べてみると薄い酸味があります。原材料をみるとゴマドレッシングの記載があるので納得しました。温かいので通常のごぼうサラダとは印象が違いますが、味は美味しかったです。ごぼうは硬くありませんが、ややスジっぽさが気になりました。

・肉詰めいなり

肉詰めいなり

2×3㎝くらいの肉詰めいなりとインゲンが煮含めてあります。だしがきいていて、上品な塩気がとても美味しかったです。インゲンもスジがなくしっかりと味を含んでいて、色もきれいです。個人的にはとても好きな味で、もう1つ食べたいくらいでした。

 【サワラの西京焼き弁当】

サワラの西京焼き弁当

こちらのお弁当は全体的に和食の印象です。海老としめじの玉子とじ弁当と比べると、やや色味がダークな感じですが、主菜となる魚に存在感がある、見た目に満足な献立内容だと感じました

・サワラの西京焼き

サワラの西京焼き①

皮の焼き目がおいしそうです。サワラはパサパサとかたくなりがちですが、お箸でスッと割れました。やわらかいですが水っぽい感じはなく、身はしっかりとしています。西京味噌の味が良く、ごはんのおかずにピッタリでした。骨が無いので、子どもやお年寄りでも安心して食べられるのも嬉しいポイントです。

サワラの西京焼き②

・糸コンと鶏肉の煮物

糸コンと鶏肉の煮物

大きな鶏肉が入っていました。鶏肉もパサパサしがちな食材ですが、とてもやわらかいので驚きました。特別な下処理がしてあるのでしょうか。わずかに唐辛子の辛みを感じますが、ほとんど気になりません。辛いものが苦手な人や子どもでも大丈夫だと思います。

・しっとり卯の花

しっとり卯の花

大きくてしっかりとした厚みのシイタケが入っていました。パサつきもなくだしの味がきいていて、薄味ですがバランスの良い味付けです。ごはんのおかずというよりも箸休めの感覚でしたが、サワラの西京焼きに塩気がしっかりあったので、ちょうどよいと感じました。

・ワカメとカニカマの酢の物

ワカメとカニカマの酢の物

しっかりと厚みのあるワカメで、シャキシャキと歯ごたえは残っていても、かたくはありませんでした。お酢の強い酸味が苦手なので、弱めのお酢で味付けはちょうどよかったです。ワカメに対してカニカマの量が多いように感じました。仕方がないのですが、やっぱり酢の物は冷たい方が良いと思いました。

 【鶏肉とインゲンの味噌だれ焼き弁当】

鶏肉とインゲンの味噌だれ焼き弁当

お弁当の名前になっているのが鶏肉なので、大きい鶏肉がメインに入っているのを想像してしまったため、ふたを開けたときは少し違和感がありました。

・鶏肉とインゲンの味噌だれ焼き

鶏肉とインゲンの味噌だれ焼き

「味噌だれ焼き」となっていますが焼き目はなく、見た目は煮物の印象です。鶏肉はやわらかく、鶏肉だけ食べるとそれほど味が染みてはいませんが、たれを絡めて食べるとしっかりとした味でごはんに合います。

・がんもの含め煮

がんもの含め煮

大根と人参はひと口で食べやすいサイズで、だしの味をよく含んでいました。がんもも良い味をたっぷりと含んでいて、噛むとだしがあふれ出てきます。美味しかったので、もっと食べたいと思いました。

・エノキ茸の煮浸し

エノキ茸の煮浸し

エノキ茸の歯ごたえがシャキシャキとしています。味付けはだしのきいた薄味で、よい箸休めになります。がんもの含め煮と味が近いので、別の味付けでもよいかと感じました。

・南瓜サラダ

南瓜サラダ

南瓜サラダなのでマヨネーズ味を想像していましたが、少し印象が違います。原材料表示を確認すると、ヨーグルトと半固体状ドレッシングと記載があり、私はとても好きな味付けでした。レーズンや枝豆など何か歯ごたえのある食材が混ざっていると、さらに嬉しいと思いました。

ここまでの食べたお弁当の感想

3種類のお弁当を食べてみて思ったことは、想像していたよりもずっと美味しかったことです。1つのお弁当の中でもだしがきいていたり、味付けのメリハリやバリエーションがあったので、食べ終えたときに物足りないと感じたものは1つもありませんでした。もう1つ感心したのは、食材の種類の多さです。どれも1つのお弁当の中に10種類以上の食材が使われていました。これは家庭で用意するのはなかなか大変なことです。食材の種類の多さは栄養バランスの良さにもつながると思うので、管理栄養士がかかわった献立であることが納得できました。この冷凍弁当にごはんを用意して私には十分な量でしたが、男性や若い世代の人には物足りないかもしれません。ひとつ気がかりなのが冷凍庫の保管スペースです。お弁当で冷凍庫の一角が埋まっているため、食べて無くなるまで冷凍食品などの購入ができません。
そんな方でも安心なサービスが!まごころケア食では、14食・21食セットの定期便を申し込むと、冷凍庫が無料でレンタルできるキャンペーン中を開催中です。
https://magokoro-care-shoku.com/rental

残り4つのお弁当を食べるのも楽しみです。食べた感想は、後編でお伝えします。

記事一覧へ戻る